大切なペットをノミから守るためのフロントラインについて

スプレーかスポットオンか

bulldog sitting

フロントラインにはスポットオンと呼ばれるものと、スプレータイプの2種類があります。どちらも同じ効果を発揮しますので、ペットの負担が少ない方を使いましょう。
フロントラインのスポットオンタイプは、ペットの体の表面に数滴だけ垂らして使います。垂らす場所は自分でなめとることができない首の後ろが基本で、そこから殺虫効果が全身に廻っていきます。
スプレータイプはそのまま体に吹きかけるのでシンプルです。スプレータイプの場合はソファーなどの家具にも利用可能なので、家中にフロントラインを使用したい場合はフロントラインスプレーにしましょう。

スポットオンでもスプレーでも、フロントラインはペットの皮脂腺に働きかけます。フロントラインに含まれるフィプロニルという殺虫成分はペットの皮脂腺に蓄えられます。
皮脂腺に蓄えられるということは、ペットが皮脂を出す際には一緒にフロントラインもにじみ出てきます。ノミは主にペットの皮脂を食べるので、皮脂腺にあるフロントラインの効果を直接に受けることになります。
このようにして、フロントラインは効果的にノミを駆除してくれるのです。皮脂に蓄えられたフロントラインは約1カ月間持続しますので、一度吹きかけておけばしばらくは安心です。
スプレータイプのフロントラインは生後2日で利用できますので、家に迎えてすぐに使用してあげましょう。その後も使用を忘れなければ、永続的にノミの予防ができるはずです。